OPENLIFE家を設計して建てる日記+αHOME KAWAI KOUMUTEN

佐伯市で家の設計と現場監督を楽しみながら行う毎日です。

よくある質問

よくある質問集をホームページにリンクしています。

Q:家づくりの相談は無料ですか?

A:2回目までは原則無料です。

  3回目から有料となります。

  ※工事請負契約に至らなかった場合に限り

  実費をご請求させていただきます。

Q:設計プランは無料ですか?

  

A:初回は無料です。

  2回目からは有料となります。 

  

  ※工事請負契約に至らなかった場合に限り

  実費をご請求させていただきます。

   

 著作権は川合工務店一級建築士事務所がこれを所有します。

 他社への流用、転用を禁止します。

 近年、無料提案を繰り返した後に契約に至らず

 設計のアイディアのみ流用されたケースを発見しましたので

 このような処置をとらせていただきました。 

 設計プランのアイディアは簡単に沸いて来るのではありません

 設計者が過去の経験を基に膨大な時間をかけて構築される

 モノです。それを安易に流用されるのは非常に残念な事ですね。

Q:坪単価はいくらですか?

A:坪単価の求め方には明確なルールが存在しません。

  やたらと安い単価でCMをしている業者は疑った方が

  良いと思います。

  それはナゼかと言いますと、どこの住宅会社も材料は

  メーカーや商社から仕入れます。

  職人は雇用したり下請けに依頼しなければなりませんので

  金額に大きな差は出ません。

  

  過去の入札で低価格で工事された公共物件の修理を経験

  しましたが、解体してみると見えない部分は粗悪な場合

  が見受けられます。安かろう悪かろうでは後の修理など

  の出費が必要となり、結果として損をします。 

  計算方法についてですが、例えば平屋建ての40坪の家と

  総二階の40坪の家の坪単価が同じだと思いますか?

  家づくりの金額で大きなウエイトを占めるのが基礎と

  屋根工事です。

  これを例にとって簡単な坪単価計算をしてみますと

  平屋建ての基礎は40坪の広さがありますが

  総二階の家の基礎は半分の20坪です。

  

  この計算式は屋根工事にも当てはまりますので

  建築費用を安くしたい場合は総二階の家を建てると

  平屋に比べお得になります。

  では、建物の面積が小さいと総金額は安くなるか?

  答えはノーです。

  面積が小さくてもキッチン、バス、トイレなどの

  住宅設備機器は必要です。

  

  小さければ小さい程単価は上がると考えられます。

  

 

Q:地鎮祭は行いますか?

A:お客様のご都合に合わせます

  宗教上の理由で行わない場合もありますので

  原則自由です。

  自宅の建て替えやリフォームなどでは、省略

  する事もあります。

Q:上棟式は行いますか?

A:お客様のご都合に合わせます

  上棟当日だと上棟工事自体が雨で延期になったり

  出来れば1日で屋根の下地を完成させ家を雨で

  濡らさないようにしたいので、  

  現場が落ち着いた日曜日などに執り行う事を

  お勧めします。

  近年はお客様と棟梁のみの略式で執り行う方式も

  増えてきましたね。

Q:職人さんへのお茶出しは必要ですか?

A:原則不要です

  職人は自分で現場にお茶を持ち込みます。

Q:職人さんへのご祝儀はどのくらい必要ですか?

A:原則不要です

  上棟式を行う場合は祭壇の設置などの準備費用を

  実費でいただきます。